スタッフブログ blog

2022.07.07

トイレの取替

担当

杉本

みなさんこんにちは。
季節の異常でしょうか?
短い梅雨、6月なのに気温が40℃超え。
これから夏本番になると、どうなるのでしょうか?
皆さまにおかれましては、熱中症に十分注意してお過ごし下さい。
熱中症に最もかかりやすいのは、室内が多いとの事です。
暑いのを我慢して部屋の中にいるのが一番危険な状態なので要注意です。
世の中は物価が上がり、電気代も上がっていますが、我慢をせずにクーラーを利用して頂き体調管理を行って下さい。
今週は、杉本が担当します。

今回はトイレの取替え「リトイレ」についてのお話しです!

昔のトイレは排水が出ている位置に決まりがありませんでした。
しかし、今の新しいトイレは奥の壁から20㎝の位置に排水の芯を持ってきて下さいね、という規定が出来ています。各メーカー共通。
そのため新しいトイレに交換する際、設備屋さんに排水管の移設をしてもらう工事が必要となります。

合板床をめくって仕上げ床の張り替え、床タイルを壊してタイルを張り直し等。
もともとある排水管の位置を移動させずに、
新しいトイレに繋げるためのアジャスター配管がついているトイレのことをリトイレといいます。

↓↓↓ イメージ写真です ↓↓↓

6月より販売されている、アメージュ便器「リトイレ」です。

今回は新商品にて施工の流れを説明させて頂きます。

↓↓↓ 現況写真 ↓↓↓

↓↓↓ 施工前写真 ↓↓↓

きちんと床養生を行います。

↓↓↓ 既設トイレ撤去完了写真 ↓↓↓

↓↓↓ 既設排水芯=380mm ↓↓↓

今回はフランジ施工になります。

↓↓↓ アジャスター取付完了 ↓↓↓

既設給水管も取替えを行います。新設給水管バルブへの取替え完了。

注意:この時点で一時水道を止めさせて頂きます。

(約15分~30分程度)

↓↓↓ 新設便器据付完了 ↓↓↓

↓↓↓ 新設トイレ設置完了 ↓↓↓

今回の工事内容は、トイレ本体のみの交換でした。

最終検査として、トイレの水を3~5回流します。

取替えた給水管バルブからの水漏れは無いか?

便器接続部分・アジャスター取付部分からの水漏れは無いか?

ウォシュレット等の機能は正常に動作をするか?等を確認させて頂き、養生撤去・清掃完了後お客様へ引き渡しさせて頂きます。

トイレを改修したいと思われるお客様はお気軽にLIXILリフォームショップ太啓建設までご相談下さい。

ご相談・お問合せ
contact

まずはお気軽に
お問い合わせください

営業時間
10:00〜17:00
店舗休業日
日曜日、第二土曜日、
第四火曜日
ご相談・お問合せ
contact

まずはお気軽に
お問い合わせください

営業時間
10:00〜17:00
店舗休業日
日曜日、第二土曜日、
第四火曜日