太啓の家づくり雑記帳

ノンバーバルコミュニケーション

今週は、毎度ながらハロウィンイベントに

ついていけていない原田が担当します。

ついていけないついでに、
ピコ太郎のPPAPの何が
面白いのかもわかりません。

(・・・そもそも面白いかは関係ない!?)

私も杉本同様にブログ投稿のネタに
毎度悩ませられている中の一人なんですが、
今のところ、身体の方は問題なさそうなので
他のネタで行きたいと思います。
知っている方もいるとは思いますが、
最近、日本発のある文化が
あのニューヨーク近代美術館(MoMA)の
コレクションに収蔵されました。
それは、NTT DOCOMOが開発した
「絵文字」です。
今のLINEのスタンプなどの
元祖ともいえるかも知れません。

1-xbniqaktg0jxlsvwwotuqa

 

 

 

 

この絵文字は1999年に携帯電話に導入したもので、
絵文字は現在「Emoji」として、
世界中でコミュケーションツールとして
受け入れられています。

絵文字についてMoMAは、
「新たな視覚言語発展の種」としており、
「クローバルなデジタルコミュケーションの
新しいかたちとして急速に広まった」と評価され、
同館では今年12月に、
この絵文字をフィーチャーした
インスタレーションを展開されるそうです。
実は、他にも日本発で
世界的に評価されている視覚的ツールがあります。
それは、「ピクトグラム」です。

名前だけでどんなものなのかが
イメージできる方は少ないと思いますが、
見たことない人は少ないと思います。

img56355568

 

 

 

 

 

これがピクトグラムです。

公共施設など、不特定多数の方が
利用する場所にあることが多いです。
このピクトグラムが生まれた背景には、
今も変わらず問題視されている、
日本人の語学力(英語力)の無さにあるそうです。

1964-tokyo-pictograms

 

 

 

 

 

 

1964年の東京オリンピックの際に、

外国語でのコミュニケーションに
課題を抱えていた日本が生み出した
一つの回答だそうです。

今では、各大会ごとでオリジナルの
ピクトグラムがデザインされるほど広まっています。

2012-london-pictograms

 

 

 

 

 

1109_11

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、日本発の文化は
世界から見れば独特なものが多いですが、
こういった形で、世界的に評価され、
日常的に使われているとうれしいですね。
もしかしたら、
ピクトグラムとも少し違いますが、
日本語、英語、中国語などの言語ではなくて、
Emojiである程度の会話ができるように
なったりするかもしれないですね。
そうなると、英語力の乏しい私には朗報です。

”If you realize, I am very happy!”

 

日本の住宅も独特の文化の中で育てきました。
歴史的なものには、世界的に評価されるもの多いですが、
近年の住宅では根本が、まだ世界に評価されるだけの
スペック、思想になっていません。

いつの日か、日本の住宅、住環境も
世界に追いつき、追い越せで
評価させる日が来るといいと思います。

スタッフ紹介
カテゴリー
カレンダー

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
アーカイブ
検索