太啓の家づくり雑記帳

統一します

今週は、外から帰ったら、手洗い、うがいをしているおかげなのか、
今のところインフルエンザには感染していない原田が担当します。

以前、私の担当したブログで、
docomoさんの携帯電話用の絵文字が
ニューヨーク近代美術館(MoMA)のコレクションに
収蔵されましたという話題を紹介しました。

>>過去の記事はこちら

 

その際に登場したピクトグラムに新たな仲間が誕生します。

それは、トイレの温水洗浄便座の基本操作です。

なんと昨今の訪日外国人観光客の急増を受け、
“だれでも安心して使えるトイレ環境”を目指し、
トイレ操作パネルにおけるピクトグラム (絵記号)の
標準化を図ることを決定したそうです。
今回は、主要 8 項目における標準ピクトグラムが策定されました。

170112_pict
 

 

 

 

 

標準ピクトグラムは、
「便ふた開閉」
「便座開閉」
「便器洗浄(大)」
「便器洗浄(小)」
「おしり洗浄」
「ビデ洗 浄」
「乾燥」
「止」の基本操作に関する計8種類です。

これらのピクトグラムは、
一般社団法人 日本レストルーム工業会に加盟する
国内主要メーカー9社の2017年度以降の
新製品より順次採用を予定してだそうです。

従来は、各社が独自のピクトグラムを使っていたが、
外国人観光客がホテルや観光施設などでトイレを使う際、
操作ボタンがわかりにくいという問題が指摘されており、
標準化することにしたようです。

yx_toi_03

 

 

 

 

 

 

今後は、世界に先駆け、トイレ操作パネルにおける
標準ピクトグラムの ISO 申請を予定しており、
国際標準化に向けた取り組みも進めて行くそうです。

2020年に行われる東京オリンピックの際に、

このようなピクトグラムが浸透していれば、
海外の方々がはじめて温水洗浄便座を使用する時に
とても助かると思われます。

しかし、温水洗浄便座は認知度こそ高くなってきましたが、
世界(アメリカやヨーロッパなど)を見ると
一般家庭にはあまり普及しておらず、
普段から使用する海外の方はごく少数です。

理由として、諸説あるそうですが、
・軟水、硬水の違い
(硬水は工夫をしないとマグネシウム、カルシウムが付着する)
・水の衛生問題
(日本ほど水道水がきれいな国はほとんどない)
・トイレの環境問題
(世界的にはトイレ、風呂、が一緒なので、トイレに電源があることが少ない)
・新築物件が少ない
(資産価値が評価があるので、リフォームが主体で設置費用が高くなる)
などがあるそうです。
n274019g01

 

 

 

 

 

 

 

もともとはアメリカで医療用に生まれた温水洗浄便座
TOTOさんが初めて日本で輸入販売したところから始まり、
日本では見事に環境適合し、国民性も追い風になり、
多くの人に受け入れられ、販売から約50年という歳月を経て、
現在のような日本製の高機能な温水洗浄便座が生まれたそうです。
日本という国は、素晴らしい環境で恵まれた国なんだと改めて思いますね。
2月12日(日)に弊社で開催する『グッドライフ講座』が始まりました。
今回の講座は、弊社スタッフが講師を行う整理収納セミナーでした。

seirisyuonou

 

 

 

 

 

 

 

毎月いろいろなイベントを考えて行っていく予定なので、
興味のある方は、是非お問い合わせください。
来月はモザイクタイルで鍋敷きづくりを予定してます。

また、2月11日(土)、12日(日)で越戸町の現地販売も行いました。

IMG_1254

 

 

 

 

 

 

大盛況というわけではありませんでしたが、
寒い中、ご来場頂きありがとうございました。
こちらの方も、興味のある方は、是非お問い合わせください。

カテゴリー
カレンダー

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
アーカイブ
検索