太啓の家づくり雑記帳

結露

皆さんこんにちは! あと2週間ぐらいで今年も終わってしまいますね。

毎年思う事ですが、早い1年だったなと感じます。

今年は、西日本の豪雨や北海道の地震などの自然災害があり、

今年の世相を表す漢字が「災」に選ばれたそうです。

来年は、気持ちが明るくなるような文字になる世の中になるといいですね。

今週は、鈴木が担当致します。
 

最近というか、毎年この時期になると、我が家では、窓の「結露」がひどくなってきます。

よしさん1
 

 

 

 

 

 

仕方がないと感じていますが、皆さんの家もそうですか?

 

その前に、なぜ結露が発生するのでしょうか?

小学生、中学生の時に習ったと思いますが、空気には、水蒸気が含まれています。

空気は暖かければ暖かいほど水蒸気を多く含むことができ、

冷たければ水蒸気を含む量が少なくなります。

そのため、暖かい空気が冷やされると含んでいた水蒸気余ってしまい、

その余った水蒸気が水滴として結露になってしまいます。

特に窓は、室内の暖かい空気と外の寒い空気と接する場所なので、

温度差が大きく結露しやすいと言えます。

水蒸気を増やす原因として、
①室内排気をするファンヒーター。燃焼する際、大量の水蒸気を発生します。
②乾燥を防ぐ為の、加湿器
③洗濯物の部屋干し
④生物の呼吸による水蒸気
冬は特に、水蒸気を発生する要因が多いのです。

窓ガラスやサッシ枠が結露すると、カーテンが濡れたり、木の枠が黒くなって腐ってきたりします。

そして、カビが発生し、ぜんそくなど健康障害にもなってきます。

対策としては、部屋内の水蒸気量を減らすことです

原因の①~④を減らせば、少なからず減ってはきます。

 

結露しやすい窓を変える事です。やっと本題に入れました!

20年前の住宅窓は、私の家もそうですが、枠がアルミ製で、

ガラスが1枚の単板アルミサッシの窓です。

アルミサッシは熱伝導率(熱の伝わる割合)が高く、外の寒い温度が枠に伝わります。

ガラスは伝わりにくいのですが、5mm程度なのでやはり伝わってしまいます。

その為、室内側で、空気中の水蒸気が結露になる温度(露点といいます)になり

水滴となって結露してしまいます。

そこで、アルミより熱の伝わりにくい樹脂製のサッシ及びガラスを複数(2枚)で

中空層には、熱の伝わりにくい空気(空気より伝わりにくいガスを入れたものもあります)に

変えることです。

結露する温度にならなければ、水滴にはならないのです。

 

LIXILのインプラス という、工事が簡単な商品があります!
よしさん2よしさん3

 

現在の窓の内側に取り付ける2重サッシですが、

結露になりにくいし、防音、断熱、省エネにも優れています。

寒くなっている時期です。我が家もインプラスを考えています。

皆さんもぜひ検討してみてはどうでしょうか?

最後に、物を変えるのもひとつですが、換気をこまめにするのが一番の結露対策です。

空気も新鮮になります。寒いですが、私もまずは換気をしようと思います。

カテゴリー
カレンダー

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
検索