太啓の家づくり雑記帳

加納町分譲住宅4区画 【IQ足場】の話

皆さん、こんにちは、

ようやく過ごしやすい季節になってきましたね。

秋から冬にかけて、さらにうがい・手洗い・マスク着用を心掛けて

新しい生活スタイルを送っていきたいと思います。

 

今週は、久しぶりに 杉本 が担当させて頂きます。

現在、太啓建設では、豊田市加納町で4区画の分譲住宅を建設しています

前回のブログに引き続いて今回も、その木造新築現場からの話をさせて頂きます。

 

新築現場において、「外部足場」は欠かせません。

今回は弊社にて新しく導入した【IQ足場】について説明していきます。

このIQ足場は、通常の足場に比べて、より快適・安全な足場となっています。

 

一般木造住宅の足場では、クサビ式足場を使用している現場が多いと思います。

「クサビ式足場」を簡単に説明しますと、

柱材に手摺り材をハンマーにて、カン・カン・カンと音をたてながら、

組み立てている足場です。

 

今回の「IQ足場」は、進化した次世代足場なので、組立中はとても静かです

(抜け止め機能付きシステム足場・NETIS登録製品)

 

★安全検証A・・・先行手摺りを採用

足場を組上げる時には、一つ上の床部分の外側手摺りを先行して取付を行います。

手摺り組立中 ↓

 

 

 

 

 

 

 

手摺り組立完了・・・☆① ↓

 

 

 

 

 

 

 

次に、次世代鋼製布板を組立ます。 ↓

 

 

 

 

 

 

 

内側の手摺り(2段)を取付 ↓

 

 

 

 

 

 

 

<前の写真ヵ所より1段上の部分を施工>

この時には、外側の手摺り(☆①写真)が取付けられているので、

墜落制止用器具(フルハーネス)のフックを、

外側手摺りに掛けてから、手摺り取付作業を行っていきます。

この流れで、順次上へと足場組立てを行っていきます。

組立途中に、足場内側のアルミ製巾木取付・階段手摺等を取付けます。

 

足場内側のアルミ製巾木取付完了 ↓

 

 

 

 

 

 

 

階段手摺取付完了 ↓

 

 

 

 

 

 

 

全体が完成したら、今回採用している足場外側に

落下養生グリーンネット・イメージシートを張ります。

これで全て完成です。

落下養生グリーンネット張り完了 ↓

 

 

 

 

 

 

 

イメージシート張り完了 ↓

 

 

 

 

 

 

 

これで足場組完成です。

 

★安全検証B・・・階高=1900mm

通常のクサビ式足場は、階高が1800mmなので

屈んで通行しなければいけませんでした。

今回のIQ足場は、階高が1900mmもあります。

通行していてもヘルメットがぶつからない高さなので、

とても快適・安全な足場となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

階高=1900mm ↓

 

 

 

 

 

 

 

★安全検証C・・・布板連結部分に隙間無し

 

次世代鋼製布板(隙間塞ぎありタイプ)は、

作業床の連結部分に隙間を無くした製品です。

飛来・落下事故を未然に防ぐ為に製品開発され、

段差の少ない、安全な作業空間を実現している鋼製布板材です。

連結部分の鋼製布床隙間無し ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IQ足場は、今回紹介した内容以外にも、良い所がたくさんありますが、

この辺で締めさせて頂きます。機会があれば、また紹介させて頂きたいと思います。

 

当建設現場では、このようにより安全を考えた足場にて施工しており、

順調に工事が進んでおります。

 

加納町の4区画の分譲住宅について、

お気軽にLIXILリフォームショップ太啓建設までお問い合わせください。

https://www.taikei-azmi.jp/campaign_top

スタッフ紹介
カテゴリー
カレンダー

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
検索