太啓の家づくり雑記帳

新発売のデッキDC

皆さん、こんにちは!梅雨真っ只中ですね。雨が続いたかと思うと、ジメジメした湿度の高い蒸し暑さの日だったりと嫌ですね。梅雨は早く終わって欲しいですが、暑い夏が待ちかまえていると思うと、それはそれで困るなぁと思っている鈴木がブログ担当します。

さて、6月23日に、LIXILの名古屋ショールームにキッチンの新商品「ノクト」及びキッチン・リビング収納「カノール」の研修、トイレの座学、お風呂の「スパージュ」入浴体験、ウッドデッキの研修に当部署のメンバーと行って来ました!
「スパージュ」の入浴体験は、私は以前体験したので、まだ入浴体験していないメンバー2人が名古屋のショールームにて体験しました。キッチンの新商品「ノクト」や「カノール」、入浴体験については、また、スタッフブログにて詳細を書くと思います。
今回私の方は、ウッドデッキの事を紹介したいと思います!
LIXILのウッドデッキは、樹脂に木粉を混ぜた人工木デッキです。ラインナップは、5種類あり「デッキDC」、「デッキDS」、「樹ら楽ステージ木彫」、「樹ら楽ステージ」、「レストステージ」です。
人工木デッキは、木製のデッキに比べ耐久性があり、又木デッキの様に毎年、塗装してメンテナンスする必要がないといったメリットがあるのですが、夏の直射日光の時、表面温度が足を乗せる事ができないくらい熱くなるといったデメリットがあります。しかし、新しく出た「デッキDC」は、一般的な人工木より約4℃低くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、今回名古屋ショールームへ行って、デッキDCと一般人工木デッキを電球で表面を熱して手で表面を触ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

違いがはっきりと分かります。デッキDC(左側)の方が熱くないのです。

デッキDCは、素材に熱伝導率の低い樹脂材を採用して、さらにLIXIL独自の独立気泡構造を取り入れた事で、天然木と同じ効果を実現する事ができています。

ぜひ、ウッドデッキを採用したいと思われている方は、デッキDCもご検討してみてはいかかでしょうか?家の「内」と「外」がつながる暮らしができるデッキ工事を相談にお越しください。

お待ちしております。

 

 

 

スタッフ紹介
カテゴリー
カレンダー

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
アーカイブ
検索